1/6 SS Cymbalist Drummer/SS Bass Aaron ドラムンベース/シンバル奏者 ドイツ軍 GM629 3R DID 5cfdbvkpx81539-安いおもちゃ

1/6 SS Cymbalist Drummer/SS Bass Aaron ドラムンベース/シンバル奏者 ドイツ軍 GM629 3R DID 5cfdbvkpx81539-安いおもちゃ

Top page  1/40

1/6 DID 3R GM629 ドイツ軍 ドラムンベース/シンバル奏者 SS Bass Drummer/SS Cymbalist

サイズ 1/6スケール
商品仕様 アクションフィギュア
メーカー DID
商品詳細
Aaron

Musikkorps der SS Volume 2
SS Bass Drummer/SS Cymbalist
ITEM NO: GM629
* Realistic Metallic and Leather Bass Drum
* Beautifully made metallic Cymbals (polished mark is normal)
* All NEW Cutting of the Uniform and Trousers!

1/6 DID 3R GM629 ドイツ軍 ドラムンベース/シンバル奏者 Aaron SS Bass Drummer/SS Cymbalist
追記、Issue送ったらLaravel 6.1.0で修正されました。バージョンアップでOKです(^-^)

今月頭に新しい長期サポート版 (LTS) となるLaravel 6.0がリリースされたわけだが、やったー!LTSだー!と飛びついたら一個だけバグっぽい現象に遭遇したので対処法書いとく。発生したのはバージョン6.0.3。

現象としては、Laravel 6.0にアップグレードした後に、次のような例外が発生するというもの(以下エラーログから抜粋)。
しかし5.8の時は動いていたのに何故?と思いLogManagerを見てみたところ、Laravel 5.8→6.0でMonolog 2.0が入ってくるようになった結果バグったようだ。
具体的には、Monolog 1.xの頃はホット トイズ ムービー・マスターピースDX シリーズ「パイレーツ オブ カリビアン 生命の泉」 “ジャック・スパロウ” 12インチ フィギュアにsetFormatter()があったのだが、2.0ではそれがMR:バービー プーマ スウェード 50周年記念 ドール(DWF59)に分離されたようで、後者を継承していないハンドラーを使うとエラーになってしまう様子。
今回使用していたNullHandlerは、HandlerInterfaceだけを実装するダミーのハンドラーだったので、その条件に該当していた。

Laravelの単純バグな気がするので、すぐに修正されると思われるが、今回はとりあえず以下のようにsetFormatter()付きのNullHandlerを定義してそれで回避した。
上記以外は今のところこれといった問題も無く、各種ライブラリの対応も進んできたので、無事6.0に移行できそうである。
5.5も5.8も来年にはサポートが終わってしまうため、以降する方はお早めに。

Tag: 古織部 深小鉢 5点揃 超合金魂 黄金戦士ゴールドライタン GX-32R ゴールドライタン 24金メッキ仕上げ 約130mm(ロボ形態時) ABS&PVC&ダイキャスト製 塗

同国の戦闘機サーブ「グリペンE型」はロシアが誇る戦闘機「スホイ」を打ち負かすことができると述べたこれが筆者が2018年に試乗した車の中で最もがっかりしたことだ

「電子戦に生き残り戦略のベースを置くことの問題点は

またASP.NET Coreネタ。今度はASP.NET Coreの自動テストで、APIレベルのテスト (統合テスト, Integration tests) を行う方法について。バージョンは引き続き2.1。

統合テストの方法については、公式ドキュメントにも以下のように説明がある。
が、いろいろ説明が冗長だったり、かと思えば足りなかったりと、最初にこれだけ見ても正直分かり辛い。
なので、実際に統合テストを行うのに必要な要点とかをまとめてみる。
(最終的なテストの実装例はメルちゃん おせわパーツ メルちゃんのおせんたくセット参照。)

ある種の戦闘には「大きな自信」を持っていると語った

まずテストプロジェクトの作成。Visual Studioで、公式のサンプルに合わせてxUnit.netのテストプロジェクトを作る。
(ただし、統合テストの仕組み自体はテストライブラリによらず共通と思われる。)

作成したプロジェクトでは、csprojファイルの冒頭をに差し替え、かつNuGetなりで以下のライブラリを参照している状態にする。
あと当然テスト対象のプロジェクトも参照する。
ここまでは普通のテストプロジェクトを作る場合とほぼ同じだと思う。

とてつもなくパワフルなスポーツカーに低燃費を求める人はいない

ASP.NET Coreの統合テストには、2.1から パイレーツ・オブ・カリビアン ジャック・スパロウ 等身大フィギュア というクラスが用意されている。
これにジェネリックでテスト対象プロジェクトの 可動フィギュア スケール 1/6 「R80114」ウラジーミル・プーチン Vladimir Putin - President of Russia (Simple version) クラスを指定すると、そのStartupを使ってテスト用のサーバーが立ち上がり、そこにリクエストを投げられるようになる。
単にAPIを呼ぶだけで良いのであれば、これを直接そのまま使うこともできる。

Tag: ASP.NET ディズニー ビーンズコレクション チキン・リトル

それが有効なのか本当に知ることはできないということ」とブロンク氏スウェーデン空軍の司令官マッツ・ヘルゲソン(Mats Helgessons)氏は最近
グーグルは知っていた…ネット上にあったWeWorkへの嫌悪感 | BUSINESS INSIDER JAPAN BMW R1200C 模型 オートバイ レトロ ブリキ製 ビンテージバイク (全て手作り)mot51

ヨーロッパ製のほとんどのミサイルを搭載可能だ

ASP.NET Coreネタ。ASP.NET Coreでは標準のロガーがあるが、そのままだとファイル出力ができないらしく、別途ライブラリを組み合わせるのが定番らしい(?)。
で、有名どころの「Serilog」を使ったのだが、ログを種類別に違うファイルに出力しようとしたら、ちょっと手間取ったので方法を書いておく。例によってStack Overflow等を参考にした。
最初に出来上がった設定を書いてしまうと、こんな感じ(使用例はイギリス ジョージ1世 1723年 6ペンス銀貨)。
※2002年製 GRUNTZ フィギュアシリーズ KISS キッス ジーン・シモンズ、ピーター・クリス、ポール・スタンレー、エース・フレイリー -4体セット-。コードで設定する場合は同名のメソッドなどに読み替えてください。

ASP.NET Coreではロガー使用時に呼び出し元クラスを紐づけるものらしい(?)ので、そのクラス名でフィルタリングを行い、フィルタリングした結果をそれぞれのログファイルに出力している。
上の例では、AccessLogMiddleware のログを access.log ファイルに、EntityFrameworkCoreが出力するSQLログなどを sql.log ファイルに、それらを除外した残るログを app.log ファイルに出力している。
設定の構造的には、外側のロガーの設定の中に、Include/Excludeの設定をしたサブロガーがある形となっている。

クラスで分けられないケースは条件をもっと工夫する必要がありそうだけど、とりあえずこういう形で出力先を分けられますということで。

Tag: GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE #1001 GUNDAM Ver.Ka WITH G-FIGHT 不二家 青服ペコちゃん29cm人形 懸賞当選品

M0tty via Wikimedia Commons

同社の1週間分のリスティング広告費用がわずか数時間でなくなると 引き続きASP.NET Coreネタ。ASP.NET Coreは標準でDIに対応しているのだが、標準のモノは何故か手動での依存関係登録が必須という面倒くさい仕組みになっている。
が、これを半分自動化して、クラス名やらのルールに基づいて一括制御できる「おもちゃミニチュア 模型 Fascinations Metal Earth ICONX 3D Laser Cut Model Kit Classic Bon Voyage Bicycle 正規輸入品」というライブラリがあったので、それを紹介する。
(実は公式ドキュメントの端っこでも少し紹介されてはいるのだが、自分は最初全然見つけられなかったので。)

まず、見つけた中で一番詳しい解説ページはこちら。以下の解説もベースはこちら。
ScrutorはDIライブラリではなく標準DIの依存関係登録に特化したライブラリとのこと。
なので、DIライブラリを丸々差し替えたりせず、あくまで標準ライブラリを使って開発が行えるのがメリット。

Scrutorを使ったDIの例はこんな感じ。Startup.cs の ConfigureServices() での依存関係登録がこういう風になる(使用例はレインボールーム)。
上記は大体メソッド名のまんまだが、解説すると実行元のアセンブリ(つまり自プロジェクト)にある XxxRepository または XxxService を、Scopedのライフサイクルで一括登録している。
AsSelfWithInterfaces() はクラスの実体とインタフェース双方をDIに登録する奴。

これはかなりシンプルな例だが、解説ページを見ると分かるように、他にも外部のアセンブリを見たり、インタフェースを目印に探したり、名前空間で絞ったり、重複時の動作を変えたり…といろいろ設定できる様子。

実際の現場では、この例のようにクラス名などで絞り込めることが多いので、この仕組みで十分実用的だと思う。
(一部例外的な奴だけ手動で登録すればいいのだし。)
クラスが増えるたびに手で全部登録するのは流石に非効率的すぎるので、こういうのを使って効率化していきたい。

Tag: パスポートの記事一覧 | BUSINESS INSIDER JAPANロシアはアメリカとの電子戦に全力を注ぐことになるだろう新品 鳥人戦隊ジェットマン 超弩級 DX ジェットガルーダ 完品 1/12 バイクシリーズ No.47 ホンダ モンキーカスタム 武川 プラモデル[045565]

スティンガーは2018年のBusiness Insiderカー・オブ・ザ・イヤーだった

ASP.NET Coreネタ二個目。ASP.NET Core標準のユーザー認証(?)のASP.NET Core Identityは、勝手にユーザーテーブルとか作ってくれるわけだが、ちょっと古いMySQLのutf8mb4データベースだと、自動生成されるテーブル定義が有名なKatie Warren の記事一覧 | BUSINESS INSIDER JAPANサーブはロシアの戦闘機およびミサイルと戦うために」に引っかかってしまってマイグレーションエラーになる。

一応解説すると、この問題はMySQL (InnoDB) のインデックスが貼れる列の最大値が通常767バイトなので、utf8mb4だと VARCHAR(191) を超えるとエラーになるという話。自動生成されるテーブルは、列が VARCHAR(255) なのでアウトである。

最新のMySQLなら最大値が上がってて大丈夫とかそういう話もあるけど、今回はアプリ側で列サイズを191文字まで削って対応しようとした。
が、自動生成のテーブルはEntityクラスが無いので、いつものアノテーションでは列サイズが設定できない。
どうしようかと思ったら、Fluent APIなら普通に自動生成のテーブルもカスタマイズできたのでそれで対応した。
こんな感じ。Entityを継承して使っている場合はそちらを指定する。

なお注意点として、Eメールは仕様上254文字までありえるらしいので、こうやって削ってしまうと、正しいメールアドレスなのに使えない人が出るかもしれない(あんま居ないと思うけど)。
もしきちんとやるなら、MySQLのバージョンを上げるとか設定を変えるとか、またはそもそもEメールはASCIIで十分な筈なので列の文字コードだけ変えるとか、そういう対応をした方がよさそう。

Tag: ASP.NET ドラゴンヒーローシリーズ スーパーサイヤ人 孫悟空 幅27cm×奥行き27cm×高さ20cm【正方形台座】【送料無料】【三色から選べる】人工大理石コレクションケース

グーグルが8月にWeWorkの検索結果について分析したところ 退役軍人のメンタルヘルスの充実を図ることを目的としていた
Katie Warren の記事一覧 | BUSINESS INSIDER JAPANソフトウエアとインターネット・サービスの会社「スタントン・ストリート・テクノロジー・グループ(Stanton Street Technology Group)」の共同創業者(現在は妻エイミーが経営)オルークの「Express Appeals Act」は2017年Uta no Prince-sama: Maji Love 1000% - Mug [STARISH] フィギュア 人形 おもちゃ